憧れの結婚式場で式を挙げよう|ブライダル情報ナビ

新郎新婦

幹事を友人に頼みにくい時

お酒を持つ女性達

負担はすべて業者任せで

結婚式には友人同士の二次会がつきものですが、二次会は結婚式と同じくらい手続きが必要とします。新郎新婦の友人が幹事になって、いろいろと手配するものですが、その友人とて社会人として日々の仕事に追われています。友人たちには余計な負担もなく、全員が楽しめる二次会を開きたいものです。そんな時は、二次会代行を頼むのがオススメです。二次会の幹事の役割としては、まず会場を選び、参加者への確認を行い、二次会で行うミニゲームを考えたり、当日に司会をしたりといろいろあります。二次会代行に頼めば、それらをプロの観点から手際よく手配してくれます。連絡の行き違いや、単純なミスなどによるトラブルも避けることができます。ただ、司会もプロの手際で行ってくれるので、若干アットホームな印象は薄れてしまうかもしれませんが、会場の小道具を新郎新婦自らが手造りで用意することで、オンリーワンな二次会を演出できます。

イメージは持っておくこと

二次会代行を頼めば、もちろんそれらにかかわる手数料を払わなければなりません。しかし、友人に頼むにしろ謝礼は必要ですので、新郎新婦が用意するお金が極端に増えるわけではありません。ただ二次会代行では、二次会の会場が業者の提携先から選ばなければならないこともあるので、確認が必要です。二次会代行の業者はプロですので、多くの案件を取り扱ってきた中で得られた経験をもとに、よりよい二次会が開けるように努力してもらえます。が、やはり新郎新婦がどのような二次会にしたいのか、しっかりとイメージしてそれを伝えることが、満足のいく二次会を行う秘訣です。二次会代行の業者は、いろいろな魅力的なオプションを提案してくれますが、すべて行うと費用は膨大になります。きちんと予算内で収まるようにバランスを考えることも大事です。