憧れの結婚式場で式を挙げよう|ブライダル情報ナビ

新郎新婦

日本人らしい結婚

手紙

一組のカップルが、生涯を共に過ごすと誓うときに結婚という道を選ぶことができます。どちらかの姓を名乗り、他人ではなく家族になるのです。無事に結婚に至った夫婦の中には、その記念として結婚式を挙げることもあるでしょう。今の日本は、日本古来の風習以外に海外から影響を受けている風習も増えつつあるので、結婚式のスタイルとしてチャペルウェディングが一般的になってきています。しかし、それでも海外の人を始めに和婚は注目され続けていて、神社やお寺で夫婦になる誓いを交わす男女もいます。

和婚には多数のメリットがあり、その中でも最も大きなものには日本人らしいということが挙げられるでしょう。チャペルウェディングでは、周囲の友人を呼び寄せることも可能ですが、和婚は基本的に両家の親族のみが参列します。身近な人達だけで誓いの場を見届けられると、より身が引き締まる思いに駆られるものです。日本の中には格式高い神社やお寺が多数あり、厳粛なる空気の中で大切な誓いを交わすことに重きを感じるでしょう。日本にある神社やお寺には古い歴史があるので、この先も簡単にその場所がなくなることは考えにくいでしょう。夫婦になるという、大切な誓いを交わした場所としてこの先も在り続ける可能性が高い為、数年、はたまた数十年先で思い出をよみがえらせるべく現地へ足を運ぶことも可能です。どうしても友人と一緒に結婚式という場を共有したいという夫婦の中には、和婚の後に式場を貸し切って披露宴を行なう者達もいます。ブライダルサービスを利用すると、それら全てのセッティングを一貫して任せられるでしょう。